統計

メンバー: 7
ニュース: 209
ウェブリンク: 0
訪問者: 406318

オンライン状況



学生フォーミュラとは?

2007groupphotos.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学生フォーミュラとは、一年に一度自動車技術会主催で行われる学生フォーミュラ大会にむ

け 学生が レギュレーションに沿ったマシンを造り上げ、大学、専門学校対向で競う、もの

づくり重視の大会です。 学生が頭に付く理由は、学生だけで製作されるフォーミュラだからです。

学生フォーミュラ大会とは、 排気量610cc以下のエンジンを用い 、フォーミュラスタイルの

レーシングカーを、 車輌の製造コスト 325万円以下などのレギュレーションの下で、 学生

がチームを組んで 学校・スポンサー様などのサポートの下、企画・設計・製作などすべてを

行い,大会では車の走行性能はもちろんのこと、車両コンセプト・設計・コスト審査など、

ものづくりの総合力を競い、それで培われたものづくりの本質やそのプロセスを学ぶと

ともに チーム活動やものづくりの厳しさ、 面白さ、喜びを実感できる、そんな 環境づく

りを通じて、創造性に満ちた技術者の育成を目指し 1981年SAE International

主催に より 米国より開催しました。そして、日本では2002年より開催されています。

 
大会競技内容と得点采配

競技には大きく分けて2つあり、 動的イベントと静的イベントがあります。

簡単に説明しますと、静的イベントではマシンを 造り上げる上での内面的なものを

発表し、審査されます。動的はその名の通り、 マシンを操り順位を争う競技です。

しかし、動的イベントを行うためには車検を 合格しないといけません。

この車検がなかなかの難関です。 iihu

イベント 競技内容 得点
静的(325点) コスト審査 100点
デザイン審査 150点
プレゼンテーション 75点
動的(675点) アクセラレーション 75点
スキッドパッド 50点
オートクロス 150点
エンデュランス 300点
燃費 100点
総合得点 1000点
 
コスト審査

一台車両を造り上げるのに必要な製造コストと製作コストを 計算し提出する審査です。

製作コストとは材料費などで、ネジ一本も含まれます。 製作コストとは学生フォーミュラ

独特のコスト審査で、ルールにより、穴あけ一箇所、 溶接一箇所まで一つ一つの工程

に対する金額(要は人権コスト)が細かく決められています。

俗に言うランニングコストを 無駄なく製作することが高得点を狙う秘訣になります。

 
デザイン審査

デザインとは、もちろん見た目もそうですが、 重要になってくるのが車両のコンセプトです。

どのような技術を採用し、どのような工夫をしているか、

またその採用した技術が市場性のある妥当なものかを評価されます。

具体的には、車体および構成部品の設計の適切さ、革新性、加工性、 補修性、組立性などです。

この審査では、 用意した資料、ボードを用い審査員に質疑応答しながら進んでいきます。

 
プレゼンテーション

実はこの大会の学生フォーミュラの趣旨として 市場にターゲットを決め

そのターゲットに合った 車両を造るというシュミレーションになっています。

そしてその内容を審査員に口頭発表していきます。

審査員に自分達のマシンを売り込み納得させることが 、高得点を狙う秘訣です。

 
アクセラレーション

0-75mのドラッグタイムアタックです。

ドライバー1人につき2本まで走行することが出来ます。

2人で合計4本まで走ることが出来ます。

 
スキッドパッド

8の字コースによるタイムアタックです。コーナリング性能評価です。

2名のドライバーがそれぞれ2回、計4回走行できます。

 
オートクロス(ジムカーナ) 

直線・ターン・スラローム・シケインなどによる約550mのコースを2 周走行する

タイムアタックです。 各チーム2名のドライバーがそれぞれ2回、計4回走行できます。

次のエンデュランスは、このオートクロスの早いチーム順に走行します。

 
エンデュランス・燃費

合計22kmのレース競技です。コースはオートクロスとほぼ同じです。

11kmでドライバーを1度交代します。完走しないと得点を得られません。

この競技で全体性能と信頼性が問われます。

このイベント中に消費した燃料から燃費が計算され加点されます。